選挙が終わった途端に8月の値上げラッシュ!更に消費税増税、大丈夫?

やはりというか、とうとうというか、ついに今日8月1日から値上げラッシュが始まってしまった。ま、企業にも色々事情があるのは分かるが、消費者からみればどうしても10月の消費税増税の前の駆け込み便乗値上げ、とひねくれた見方になってしまう。

それは、今年3月のアイスクリーム、冷凍食品の値上げを皮切りに4月の乳製品、5月のペットボトル飲料、6月の即席麺……と、同じ商品を扱う企業が各々加入している各業界団体毎に一斉に値上げするから。

同じ業界だから値上げする理由もほぼ一緒というのは分かるが、ほとんどが原材料高騰、人材不足による物流費用の高騰、人件費……と、決まり文句のように並んでいる。

しかし、いくら同じ業界とはいえ、原材料の仕入れ先や物流拠点等の全てが一緒なはずもなく、それぞれの企業努力によって他社に先駆ける手は打っているはず。それなのに、何故値上げ月日や値上げ幅まで一緒になるのか……、これでは消費者の反発と不信を買うのも仕方ないだろう。

 

● 食品の横並び値上げ商品

3月1日付け

日本アイスクリーム協会

ロッテ、森永製菓、井村屋、赤城乳業、フタバ食品

アイスクリームを3月1日付けで4~20%値上げ。

4月1日付け

日本乳業協会

明治、雪印メグミルク、森永乳業、江崎グリコ、よつ葉乳業、タカナシ乳業、オハヨー乳業、ダノンジャパン

牛乳、ヨーグルト等の乳製品を4月1日付けで1.4~8.7%値上げ。

5月1日付け

全国清涼飲料連合会

サントリー食品、アサヒ飲料、キリンビバレッジ、大塚食品

5月1日付けでペットボトル飲料等を20円値上げ。

6月1日付け

日本即席食品工業協会

日清食品、東洋水産、ハウス食品、明星食品、エースコック、マルタイ、ヤマダイ、イトメン、サンヨー食品、寿がきや

6月1日付けで即席麺等3~8%値上げ。

そして、今日8月1日からお馴染みの商品が次々と値上げされる。

永谷園 家庭向け加工食品31品目を値上げ。インスタントみそ汁「あさげ」や、「麻婆豆腐」、「ホテルニューオータニ ホットケーキミックス」など、最大38円値上げする。

ブルドッグソース発生各種ソースを3~9%を値上げする。

キッコーマンは「デルモンテトマトジュース」等ペットボトル飲料を最大9%値上げする。

はごろもフーズはのり製品を11.8%値上げする。

ブリジストンとヨコハマタイヤはタイヤを3%値上げする。

燃油サーチャージ、韓国行きで500円、アメリカ便は3500円値上げする。

この他にも数え切れない程の商品が値上げしている。ほとんどが国民生活に欠かせない物ばかりだけに、各家庭の懐を直撃するのは間違いない。

● 値上げは政府公認?

前述したようにほとんどの食品業界が横並びの値上げの上に、実施日が全くといって良い程同じ。その理由も、ほとんどの企業が口を揃えて原材料高騰、人材不足による物流費用の高騰、人件費の上昇……、とあっては裏で口合わせしているんじゃないの……と、疑いたくもなる。

企業は絶対に口裏を合わせ等認めないが、値上げ幅や実施日がこれほど同じなのだから業界団体内で話し合いが持たれていた事は疑いようがない。

更に、政府も一枚噛んでいた節がある。政府は昨年11月に消費税増税に伴う商品価格設定のガイドライン(指針)を公表して、駆け込み需要•反動減対策を意識して価格を定める考えを主張していた。農林水産省が業界団体にガイドラインを通知し、各業界団体は会員になっている企業に指針の情報を提供した事を認めている。

農林水産省の担当者は業界団体の横並び値上げにガイドラインが影響を与えた可能性について、「全くなかったとは言えない」と、認める回答をしている。要するに、「駆け込み需要やその反動を考えて、消費税増税の後に柔軟に価格設定が出来るように、早めに値上げしておいてくれ」と、政府が指導したようなもの。

安倍政権にとっては国民生活への影響より、早めに値上げしても良いから、便乗値上げみたいに目立つ事はしてくれるな、と言っているようなもの。国民生活の苦しさより増税後の混乱と政府への風当たりを気にしているのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました