一向に収束の見えないウクライナ侵攻❗世界はロシアに鉄槌を下せ❗

プーチンの被害妄想と狂気の沙汰で始まったウクライナ侵攻。開始からほぼ50日経過しても思惑通りには進まず焦りが窺えるプーチンとロシア軍。ウクライナ軍や市民の奮闘でロシアの軍門に下らなかったのは称賛に値するが、その分おびただしい血が流され一般市民の命が奪われていく。

『戦争に勝ち負けは無い』と耳にするが、一人の血迷った指導者のせいでウクライナだけでなく、ロシアの軍人にも甚大な被害が及び、若い命が失われていく。もちろん、最悪の戦争犯罪人はプーチンだが、アメリカをはじめとするNATOや国連の無力さがこの侵攻を長引かせた原因でもある事を猛省して欲しい。

アンケートサイト i-Say

犠牲と流浪のウクライナ国民

私達が生まれて以降、幸運にも日本は戦争に巻き込まれていない。しかし、一旦戦争が始まれば国と国、軍と軍の戦いに収まらず一般市民にも戦火が及ぶのは、第二次世界大戦で敗戦した日本は十分に承知しているはず。今回の侵攻でも確実な数字は不明だが、ウクライナの死亡者は24000人、行方不明者は400人、避難民は1100万人と推定されている

ロシア、ウクライナ両国の軍人の死亡者などはお互いの発表の数字に隔たりがあり、判然とはしないが一般市民の被害者の方が多いようだ。国土を守るというウクライナ国民の強い意志には敬意を表するが、これ程の犠牲者を生んでは本当に徹底抗戦が良かったのかと考えずにはいられない。もちろん、脅されて言いなりになった場合、今のロシアの狂気の沙汰を考えると更なる不幸が待っているような気がして、どちらにせよ難しい選択にはなったろうが……

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

また、無事に他国に避難出来たとしても、更なる苦労が待っているのかもしれない。東日本大震災で東北の方達も全国各地に避難を余儀なくされたが、命からがら戦火を逃れ見知らぬ国で強いられる避難生活は、その比ではない程の困難があるのではないだろうか。一時的に国外に逃れても、いずれは焦土となった故国への帰国を望む人が多いといわれるウクライナ国民に、一日も早い安穏な生活か戻るのを祈るしかない

武器と資金提供だけの諸外国

何度でも言うが、今回のウクライナ侵攻で被害が甚大になったのはアメリカをはじめとするNATO諸国の及び腰が原因。プーチンに核兵器使用も辞さずと脅されて、派兵に踏み切れなかった欧米諸国。そのくせ、経済制裁だけで辻褄を合わせようとしている情けなさ。たとえ、加盟はしていなくても希望していたウクライナを守れずに、ただロシアを非難するだけではNATOの存在価値はない

確かに、G7や国連決議でロシアの孤立を図って経済制裁をして長期的には効果が現れるかもしれないが、最も望まれるウクライナ国民の命の救済には全く役立っていない。そのくせ、兵器や資金の提供をして戦争を支援しても逆効果にならないか懸念する。今の状況は、クラスのいじめ行為を見ながら、ただ止めろと騒ぐだけで体を張って庇う勇気もなく、先生に告げ口する子供と変わらない

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

このウクライナ侵攻がどんな形で収束するか分からないが、この近隣には中国、北朝鮮というロシアと同類の国家が存在する。西側諸国が毅然とした対応が取れなかった場合、特に中国は台湾問題の他に東・南シナ海で力による現状変更に舵を切る可能性が高くなる。もちろん戦争は反対だが、中国や北朝鮮に対しては今回のロシアみたいな弱腰でなく、いざという時の覚悟を持って対峙しなければ世界に平和は訪れない

ウクライナ侵攻に関しては⤵️⤵️の記事もお読みして下さい

タイトルとURLをコピーしました