無事に終われるのか❔開幕直前のゴタゴタが止まない東京オリンピック❗

私達には見えないだけでこれまでのオリンピックでも様々なゴタゴタは付き物だったのかもしれない。それを踏まえても今回の東京オリンピックの開会式直前の辞任、解任騒ぎは尋常ではない。『呪われたオリンピック』とか『日本の恥』とか言われているが、これまでの経緯を鑑みればさもありなんというところだろう

それにしても、なぜここまで醜態を晒す事になったのだろうか。コロナウイルス感染さえなければ順風満帆に運んだのだろうか。それとも、目に見えない日本を蝕む病巣がいずれは露になったのだろうか。一つだけ言える事は政治に対する無関心さが政治の弱体に繋がり、コロナウイルス感染の無策と、オリンピックのゴタゴタに繋がったのは間違いなさそう

分断を呼んだオリンピック

もし、仮にコロナウイルス感染さえなければ、平和を謳歌している日本国民は世界一のおもてなしで、ほぼ全ての人がオリンピックを歓迎して盛り上がったのだろう。しかし、コロナ対策に失敗して主に職種などで差別化が進み、オリンピックに対する考え方も違う方向に向かってしまった

特に、コロナウイルス感染対策で何一つ効果を見出だせない自公政権を擁護する層と、この政権では感染終息は見通せないという層。この相反する層の対立がそのままオリンピック賛成派と、反対派に別れて分断を呼んだ気がする

もっとも、その分断の芽は安倍政権から芽生えて、コロナウイルス感染前の時点で既に根を張っていた気がする。「こんな人達に負ける訳にはいかない」と自ら分断を煽るような、安倍晋三が総理の座にある時点で日本の方向性は見えていた。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

日本に開催能力はあったのか

安倍政権以来政治の劣化は激しく、その上に官僚の人事権まで握る悪政によって霞ヶ関の劣化まで招いてしまった。それは『森友学園問題』『加計学園問題』『桜を見る会』という、安倍の疑惑に対して忖度という名の犯罪行為を良心の呵責もなく為している事でも分かる。

今回、コロナウイルス感染対策の失敗と、オリンピック開催直前までのゴタゴタを見ても分かるように、もう日本には政治家にしても官僚にしても昔日の気概はない。そもそも、日本にオリンピック開催能力があったのかという疑問に駆られる。

日本には世界に誇れる科学や工学などの技術はある。しかし、それらの民間の研究機関の優秀な人材に対して、官僚の国のために働くという気概もなく、政治家の顔色を伺うだけの役人気質では、もとよりオリンピック開催する能力もなかったという事だろう

東京オリンピックに関しては⤵️⤵️も読んでみてください

東京オリンピック狂想曲❗日本の甘い危機管理で乗り切れるのか❔

オリンピック後の再生成るか

いずれにしても、菅政権の強行によってオリンピックは開催された。東京都のコロナウイルス感染者は、22日1979人。オリンピック開会式当日の23日が1359人。一見、減ったかのように見受けられるが4連休初日で医療機関での検査が減っただけの事で、連休がなかったら軽く2000人は超えていたはず

オリンピックが開催されるという事は、それだけでコロナウイルス感染終息の道筋が見えたという誤ったメッセージに受け取られかねない。専門家の予測では、連休が開けて来週の28日、29日辺りは3000人突破とも言われている

もう既に菅総理の常套句『安全安心のオリンピック』が瓦解した事は明らか。これからお盆の時期を迎えて更なる人流で、オリンピック後の東京は悲惨な状況に陥る。それを収拾するには、菅政権が唯一の切り札というワクチン接種を予定通り終わらせる事。それが唯一の再生への道に他ならない

【俺のEC】銀座の食パンで有名な俺のベーカリー商品が買える

タイトルとURLをコピーしました