吉野家常務不適切発言で解任に見る日本の歪んだジェンダー騒動❗

「生娘をジャブ漬けにして……」セクハラにもパワハラにも該当しそうな今回の発言。確かに救いようのない失言だと思う。しかし、その後の容赦のないバッシング、騒動を見ているとその発言以上に醜い現代社会の問題点が浮かび上がってウンザリ。何故こんなに寛容さのない社会になってしまったのだろうか……

それは【男女共同参画】とか【男女共生】という甘い言葉に乗せられて必要以上に何でも男女対等、男女平等に拘り過ぎて窮屈になっているからだと思う。女性は肩肘張って、男性は苦々しい思いで、お互いに頭では分かっていても急激な変容について行けずにギスギスして、分断を生んでしまっているのが今の状況ではないろうか。

i-Say(アイセイ)をチェック

吉野家騒動に見る危うさ

今回の吉野家常務による不適切発言は、早稲田大学の社会人向けの【デジタル時代の総合マーケティング講座】での講義の中での事。感情的になった女性受講者のリークで表沙汰になって大炎上したと私的には認識している。「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢、生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って思うもらうようになれば絶対食べない」主にこの部分のように思う。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

ま、確かに不適切な発言ではありますね。これをSNSに投稿した方は性差別だ人権侵害だと騒いでいるようですが、私はそんな感情的にならずに考えた場合、問題なのは『ジャブ漬け』部分だと思っている。元常務は、「不適切な言い回しで不愉快な思いをされた方がいたら申し訳ないんですが」と前置きしていたようだし、悪意があっての発言でない事はまともな人なら分かるはず。

問題はこれがリークされた後のワイドショーの取り上げ方や、識者と言われるコメンテーターやゲストの反応。さも、事件でも起こした犯罪者のように一斉に批判し、吊し上げて叩く。言っておくが彼は犯罪者ではない。昔、「不倫は犯罪ではない」と言ってバッシングを受けた人がいたようだが、それと同様に失言は犯罪ではない。公共の電波を使って人間一人を抹殺するような姿勢に危うさと醜さを感じる

ジェンダーバランスの怪

その原因はジェンダーにある。ジェンダーバランスの必要性は認識しているが、今は何でも女性を味方にしておかないとという潜在意識があって、ワイドショーでもニュースでも女性に気を遣い過ぎる報道姿勢になっている。こんな失言より実際に社会で上司等からパワハラを受けている男性はいくらでもいる。今回の問題も女性に関する失言だから大きく取り上げた感がある。問題はこの逆ジェンダーとも言える社会の風潮の方

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

これは日本に限った事ではないが、あまりにもジェンダーバランスに拘っていないだろうか。例えば、国会議員をはじめとする各種の議員比率は、男女の人口がほぼ同じなら同数に近付けるべき。しかし、役所、企業の幹部や管理職までも同数にするのは間違い。その組織が男女同数ならともかく、男性の数が多いならある程度男性の管理職が多くて当然。数合わせで同数にしても逆ジェンダーになりかねない

更に危惧するのは国連をはじめとする国際機関がこぞって発表する女性比率のランキング。こんなものに踊らさせて一喜一憂する愚かさを知るべき。問題なのはランキングではなく、如何に同数に近付けるかだろう。また、何でも同数にするというより、本当の男女平等とは男女の性に拘らず、その地位に見合った能力の持ち主を相応しい地位につける事。一日も早く男が女がと意識しないで生きられる世の中が来る事を切望する。

ジェンダーに関する記事は⤵️⤵️でもお読み頂けます

タイトルとURLをコピーしました