もはや災害⁉️緊急事態宣言時のオリンピック開催でコロナ感染急拡大‼️

もはや、手遅れになってしまったのだろうか。東京だけでなく全国にコロナウイルス感染が蔓延し、人々は度重なる【緊急事態宣言】発出に感心も薄れてしまい、自由気儘に行動しているように見える。菅義偉総理が不要不急の外出自粛を要請しても殆どの人が聞き流しているようにしか見えない。

一年前、パンデミックに陥りながらも規制に反発して自由を謳歌しているように見えた海外の若者達。それを、今日本の人々が繰り返しているようにしか思えない。何一つ有効な感染対策を打ち出せずに感染拡大を招き、自粛を強いながらオリンピック開催最優先の政府への反発か。それとも、出口の見えない感染への恐怖の裏返しなのだろうか……。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

感染拡大はオリンピックが原因❔

「東京の繁華街の人流は開幕前と比べて増えていない」「オリンピックの開催は感染拡大の原因にはなっていない」。オリンピック開催前からコロナウイルス第5波に突入し、4回目の緊急事態宣言を自ら発出しながら平然とうそぶく菅義偉総理と、丸川珠代オリンピック担当相。開いた口が塞がらないとはこんな時の言葉だろう。

菅総理の言は見苦しい言い訳に過ぎない。確かに、携帯電話の位置情報からの推計ではオリンピック開催中の17日間と、開催前の17日間を比較すると9.3%減っている。しかし、この期間は夏休みやお盆の帰省で、東京の人口は減る傾向にある。更に、昨年のこの時期と比較すると緊急事態宣言が出ていない昨年より、逆に7.8%増えている

丸川担当相の発言も全くの見当違い。8月9日時点で海外からの入国者43000人中、陽性者は151人だけというが、東京都の人口に換算した場合、連日1000人弱感染していた事になる。しかも、大会組織委員会が発表した10日の累計では500人を超えている。二人の発言はオリンピックと感染拡大を結びつけさせない為のミスリードと言われても仕方ない。

如何に政府がオリンピックと感染拡大は無関係と強弁しようとも、それがきっかけになったのは紛れもない事実。緊急事態宣言時は不要不急の外出は控えてと言いながら、オリンピックのお祭りムードでは自粛する気も失せて当然。オリンピックを強行しておいてパラリンピックだけを中止にする訳にもいかないだろうが、この際真剣に中止も検討するべきではないだろうか。

食べログ評価3.5「俺のフレンチ」をご自宅で【俺のEC】

コロナウイルス感染終息はある❔

昨年、欧米などのパンデミックを対岸の火事のように眺めているだけで、何の根拠もなく日本は大丈夫と高を括っていた政府。何一つ有効な感染対策を見出だせず、第5波直前に唯一の切り札としたのがワクチン接種。一日100万回以上の接種と会見の場で誇る菅。しかし、感染力の強いデルタ株の出現で、ワクチンの効果も万全とは言えない状況になっている。

現に、ワクチン接種先進国と言われた欧米などでも、接種者の感染が相次いでいて、3回目の接種も取沙汰されている。ワクチンが万能ではないとしたら、それに代わる対策はあるのだろうか……。もちろん、これは日本だけの問題ではないが、これまでの無策で国民から見放された我が国の政権では、なおさら切実な悩みになってくる。

ただ一つ言える事は、たとえワクチンを何回接種しようが欧米のようにノーマスクで、すぐに普通の生活に戻ろうとすれば感染する確率が高くなるという事。もう完全にコロナウイルスを封じ込めた、と豪語していた中国でさえも再び感染が拡大している。今後、更に新しい変異株が発生する可能性もある。当分の間、人類が感染終息を実感する事は出来ないだろう

コロナウイルス感染の記事は⤵️⤵️でもお読み出来ます

#自公以外に投票がトレンド入り❗コロナ対策、五輪への不満爆発か❔

タイトルとURLをコピーしました