政権の面子だけのための高齢者コロナウイルスワクチン接種開始❗

安倍政権時に世界から笑い者になった政府のコロナウイルス感染対策。しかし、菅義偉総理に代わっても後手後手に回って緊急事態宣言を繰り返し、その反面GoToトラベルだけは中止を遅らせるなど一向に歯車が噛み合わない。東京オリンピックも第4波到来や変異株の蔓延で開催が危惧されながらも、聖火リレーは止めないなど支離滅裂な状況。

政府の感染対策についての世論調査では常に評価されない数値が上回り、すでに国民からも見放されている状況。このように追い込まれた菅政権の唯一の切り札が、コロナウイルスワクチンの接種。しかし、これも海外諸国に出遅れて、接種率は先進国の最下位近くに低迷。優先的に接種される高齢者用も本来の3月から遅れて4月12日に始まったばかり。

おいしい水を水道水から【Locca】

既にコロナは第4波入り

菅政権はコロナウイルス感染に対して鈍いのか、あるいは無策批判を避けるためか知らないが、情報発信が遅い。今年1月から3月までに発令された2回目の【緊急事態宣言】を、1都3県より一足早く解除した大阪府が深刻な状況に陥っているのに、未だに第4波と認めようとしない。

連日、東京都より多い感染者数が発表されている大阪府は4月12日、入院している重症患者が最多の218人となって確保した病床の使用率が90.6%に達した。これも、大阪府知事と政府の【緊急事態宣言】の1週間早い解除が原因。

経済を回すためと称したこの解除を、「もう、終わったんだ」という誤ったメッセージに受け止めた大阪府民によって、第4波が起こったのは間違いない。そして、4月13日大阪府の感染者数はとうとう1000人を超えてしまった。もう、菅政権にとって頼みの綱はワクチン接種しかなくなっしまった……。

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

世界のワクチン接種状況

菅政権が神頼みとするコロナウイルスワクチン接種だが、日本は累計の接種回数でも人口100人あたりの回数でも、先進国だけでなく途上国にも大きく遅れている。

世界のワクチン接種回数(累計)

アメリカ            

187,047,131回

中国              

167,343,000回

インド             

104,528,565回

イギリス   

 39,587,893回

ブラジル   

 26,741,261回

日本

  1,592,517

世界のワクチン接種回数(100人あたり)

イスラエル            

118.50回

UAE            

 91.05回

チリ       

 62.94回

 

イギリス    

 58.32回

アメリカ    

 55.93回

日本

  1.26回

もう、いかに日本が出遅れたか一目瞭然でしょう。

日本のワクチン接種は?

日本はコロナワクチン接種についてまずは感染者と接触する医療従事者を最優先にした。医療関係者が感染の危険があっては十分な看護が出来ないので、この判断は極めて妥当。2月17日まずは8ケ所の医療機関で125人に1回目の接種をしたのを皮切りに、2月中に28,530人の接種を終えた。

更に、3月に入ってペースを上げて中旬からは連日5万人から7万人の医療従事者への接種をしていく。そして、3月10日からは2回目の接種も始まり徐々にペースを上げて行く。その結果4月12日現在で、医療従事者1.689.453回への接種を終えた。

しかし、300万人とも400万人とも言われる医療従事者への2回の接種を考えれば、まだ20%~30%台に過ぎない数字でしかない。なのに、政府はこの状況で12日から高齢者への接種も始めてしまった。

医師会の関係者は医療従事者へのワクチンが行き渡らないうちに高齢者への接種が始まった事に、「感染を広げない為には、医療従事者を先に終えるのが筋だ」と指摘。しかし、4月中に高齢者への接種を始めなければ面子に関わると考えた政府は先走るしかない。

だが、感染の危険をおかして治療にあたる医療従事者をさしおいて、3600万人のわずか0.1%分の高齢者接種の開始を自治体に丸投げしてしまう政府。今後のワクチン供給の予定も示せない無責任政府に、私達は自分の命を預けられるだろうか……。

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】

タイトルとURLをコピーしました