#自公以外に投票がトレンド入り❗コロナ対策、五輪への不満爆発か❔

ついにというか、とうとうというか、来るべきものが来たという感じ。無能なコロナウイルス対策への不満、東京オリンピック強行への反発……。いや、それだけではなく安倍政権から続いた国民を無視した傍若無人な自民党・公明党政権へ溜まった不満がマグマのように噴出したのが、『#自公以外に投票』

今の日本人は平和ボケして怒りを忘れたようで不甲斐ないと思っている。安倍政権から続く犯罪容疑の隠蔽や、それに関わる都合の悪い証拠書類などの廃棄、改竄……、やっている事は今の民主主義に程遠い中国と同じ。それでも、香港の若者達は戦ったが、戦うまでもなく選挙という意思表示の場があるのにそれさえも出来ない。今、やっと立ち上がった飲食業界の人達を支えて変わらなければ日本に未来はない。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

自公政権の場当たりなコロナ対策

安倍晋三前総理から菅義偉総理へと続いた約一年半の自民党・公明党政権のコロナウイルス対策は、後手後手の上にちぐはぐさが際立つ。危機感に乏しく最初にイベント中止や、外出自粛、臨時休校などに動いたのも小池百合子東京都知事や、鈴木直道知事

その後を追うように、臨時休校や緊急事態宣言発令、更には失笑を買った『アベノマスク』等を行うが、場当たりで効果は薄く批判が飛び交うだけ。最大の失策は水際対策の手際の悪さと、PCR検査への消極的姿勢。感染対策の肝とも言えるこの2点への不手際が感染拡大と、終息への遅れの原因。

更に問題なのは感染対策における業界への不公平感。途中で停止に追い込まれたが、専門家会議や世論の危惧も省みずGOTOトラベルで優遇の旅行業界と、十分な補償もなく規制の対象にされ続けた飲食業界。自公政権の特徴と言える格差、不公平への不満が『自公以外に投票』のハッシュタグに現れている

おいしい水を水道水から【Locca】

『#自公』に見る飲食業界の思い

そもそも、自公政権の政策は検証してみるまでもなく、大企業や献金してくれる関係団体が優先。それが法人税減税や、GOTOトラベルにも現れている。一方、中小企業や、献金や集票に無関係な飲食業界などには見向きもしない。

今回のコロナウイルス対策でも、医学的な根拠もなく酒提供の店を狙い打ちにして、コロナウイルス対策のスケープゴートにしている。本当に飲酒イコール感染拡大というエビデンスがあるにしても、徹底的に感染対策している店とそれ以外の店は分けて対応すべき

その対応もなく、一くくりにして酒提供の時間制限や中止を求める事がナンセンス。また、休業要請に応じない店にも営業の自由や生活を守る権利はあるはず。十分な補償もなく目の敵にされた上に、西村康稔経済再生担当大臣の『金融機関云々』では、もう気持ちが折れて#自公以外に投票のハッシュタグになるのも宜なるかな。

自公以外の政権に代えられる

今回の西村大臣の「金融機関機関からの働きかけ要請」「酒販事業者に対する取引停止要請」という、二つの要請発言。これに、一方的な虐めみたいに虐げられてきた、飲酒業界の堪忍袋の緒が切れて『自公以外に投票』ポスターに結び付いた。

ただ、如何にハッシュタグがツイッターでトレンドになろうとも、平和ボケした日本人。「自公以外と言われてもどこに入れるんだ」という意見が見られる。しかし、安倍以来悪行の限りを尽くしてきた自公政権にNoと言えないようでは日本に未来はない。次の総選挙で『自公以外に投票』を実行して日本を変えましょう。

【俺のEC】銀座の食パンで有名な俺のベーカリー商品が買える

タイトルとURLをコピーしました