衆参補欠、再選挙に自民党全敗❗菅政権の金権政治、コロナ対策にNO‼️

次期衆院選の前哨戦となる衆院北海道2区、参院長野選挙区の補欠選挙と、参院広島選挙区再選挙が4月25日投開票された。自民党は衆院北海道2区は候補者を擁立しないで不戦敗。参院長野選挙区は立憲民主党の羽田雄一郎氏の死去によるもの。参院広島選挙区は公選法違反で有罪確定の河井案里氏の当選無効に伴う再選挙。

投票前から自民党の苦戦は予想されていたが、菅政権初の国政選挙で不戦敗も含めての3連敗は何とか避けたいところ。しかし、不祥事続きの上に後手後手と批判のあるコロネウイルス対策に対する国民の目は厳しい。結果は無残にも3連敗。折しも、3度目の緊急事態宣言が発令されて国民の不満は爆発寸前。今回の選挙結果と原因、次期衆院選の展望を探ってみる。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

3選挙区の投票結果

衆院北海道2区

松木謙公 立憲民主 59664票

鶴羽佳子 無所属  27355票

山崎泉  維新   22459票

長友隆典 無所属  15738票

齋藤忠行 NHk受信料を支払わない方法を教える党         5603票

小林悟  無所属   5552票

大臣在任中に大手鶏卵生産会社の元代表から現金500万円を受け取ったとして、東京地検特捜部に収賄の罪で在宅起訴された吉川貴盛元農林水産大臣の議員辞職に伴う補選。自民党は金権批判を受けて候補者擁立を見送っため、国民民主党、社民党推薦で共産党の支援も得た元職の松木氏が予想通りの圧勝。

参院長野選挙区

羽田次郎 立憲民主 415781票

小松裕  自民   325826票

神谷幸太郎 NHK受信料を支払わない方法を考える党        17559票

コロナウイルス感染のPCR検査を受けるために医療施設に向かう途中で容体が急変して死去した立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通大臣。実弟の次郎氏が共産党、国民民主党、社民党の推薦で立候補。羽田ブランドの県内での抜群の知名度と、『弔い合戦』という感情面での後押しもあって野党の他、無党派層からも幅広い支持を集めて終始リードを保って当選。

参院広島選挙区

宮口治子 諸派  370860票

西田英範 自民  336924票

佐藤周一 無所属  20848票

山本貴平 NHK受信料を支払わない方法を考える党        16114票

大山宏  無所属  13363票

玉田憲勲 無所属   8806票

ある意味、この3補欠、再選挙で最も注目された選挙区。河井案里氏の公職選挙法違反(買収)の有罪確定による当選無効による再選挙の上に、自民党本部から流れた1億5000万円もの選挙資金が絡み〝大逆風〟の中の選挙戦。ただ、〝保守王国広島〟でポスト菅とも言われる岸田文雄前政調会長の陣頭指揮で絶対に落とせない一戦。しかし、『金権批判』『コロナ無策』というあまりにも重いキーワードの下、野党の女性候補の軍門に降ってしまった。

銀座の行列店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」公式オンラインショップ【俺のEC】

自民党敗北の原因

今回の補欠、再選挙の全敗で「菅総理では衆院選は戦えない」という声が自民党の若手の中からあがっている。確かに、収賄罪や公職選挙法違反(買収)などの『政治とカネ』を巡る問題が続出し、自民党議員が自らの足を引っ張った結果の失速。その上に、一年以上も続く対コロナウイルスの愚策。これでは、菅政権の支持率が下がるのも致し方ない。

しかし、それだけではあるまい。安倍晋三前総理時代から続く不祥事の隠蔽、改竄、揉み消し……、数の力にものを言わせて説明責任も果たさず有耶無耶にする自民党の体質。この国民を舐めきった対応が、悪が悪を呼んで犯罪、不祥事の続出に繋がったのは間違いない。その体質を改めない限り、決して国民の信頼を得られないという事を自覚するべき。

次期衆院選の展望

この敗戦で衆議院解散は遠のいたはず。今、大阪をはじめとする関西で猛威を振るうコロナウイルス第4波。感染力の強い変異株への置き換わりが進んで、関西圏は医療体制の崩壊寸前。しかも、東京オリンピック・パラリンピックは中止しないと言い切る菅総理。そのためには、コロナウイルス感染拡大を阻止する事が大前提。

菅としては7月23日開会式、8月8日閉会式の東京オリンピックを成功させて、とって返して9月末までという自民党総裁選に臨み、その勢いで10月21日任期前に衆議院解散。その頃にはコロナウイルスワクチン接種も進んで、内閣支持率も上がって総選挙を勝ち抜けるはず……というのが【最良のシナリオ】になる。

しかし、思った通りに事が運ぶとは限らない。いや、むしろその最良のシナリオが崩れる可能性の方が高いのではないだろうか。4月25日に発令された3度目の【緊急事態宣言】は、国民の自粛疲れとリモートワークが思った程浸透しないために人の流れが減らない。5月11日までの17日間という中途半端な日数で、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県の感染者数が大幅に減るとは思えない。

いずれにしても、国民の信を失った政権が思い通りに続くはずはないし、不祥事、犯罪容疑者続出の政権党がいつまでも支持を得られるはずもない。たとえ、野党の力不足で『政権交代』までは進まないかもしれないが、次期衆院選で自民党が大幅に議席を減らすのは間違いない。菅さんが枕を高くして寝ていられるのはいつ迄だろうか……。

人にもペットにもOKの100%天然植物エキス。

植物性消臭液!瞬間消臭の消臭液【ニオイノンノ】

そのにおいを無かったことに!

タイトルとURLをコピーしました