安倍政権、長崎大雨警報より参議院選挙演説優先!総理も官房長官、副長官も不在

『7月20日10時05分、気象庁は長崎県の五島地方と対馬に大雨特別警報を発表した。』

幸い16時過ぎには長崎県の大雨特別警報は大雨警報に切り替えられたが、気象庁は引き続き土砂災害や河川の氾濫に厳重に注意するように呼びかけている。

今回の大雨で長崎県では2人の怪我人が出た他、住宅の浸水、土砂崩れ、市道の通行止め等の被害が相次いでいる。

 

● 命より選挙が優先の安倍政権

政府が今年5月から運用を開始した5段階の『警戒レベル』で最も高い『レベル5』にあたる『大雨特別警報』が発表されている最中、安倍晋三総理は朝から秋田県に参議院選挙の応援演説に出ていた。午前11時の気象庁の会見では、「直ちに命を守るために最善を尽くす必要がある状況だ」と、命に危険が迫る緊急事態と指摘している。

しかも、昨夜から一部に避難勧告が出され、今日の6時31分には「西海市の江島と平島では50年に一度の大雨になっているところがある」と発表し、8時過ぎには「五島市で36000人、対馬市で30000人に避難勧告」が出されていた。

こんな中、安倍は午前9時過ぎに羽田空港に向かい、10時51分に秋田空港に到着。秋田市内で街頭演説をしていた。

更に、菅官房長官はやはり午前中から岩手県、午後からは秋田県に入りやはり演説を行っている。更に、官房長官が不在でも西村官房副長官が在京して対応出来ると、選挙演説で出掛ける度に話していたが、その西村も昨夜から兵庫県入りして応援演説をしている。

昨年、7月の西日本豪雨で十数万人に避難勧告が出される中、安倍は自身の総裁選のために『赤坂自民亭』という飲み会に参加して、初動対応に遅れて批判を受けたが、1年後反省が見られず全く同じ失態を繰り返している。

「国民に命の危機が迫っている時に官邸のトップ3が不在。安倍政権は国民の命より選挙運動を優先させた」

こんな私利私欲で動く総理、政党に自分達の命を預けられるか否かは一目瞭然だろう。明日の参議院選挙では『真に国民の生活を考え、国民の命を最優先する政党、人物』に、清き一票を投じよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました