安倍総理が千葉県を見放してまで優先した『玉ねぎ改造内閣』

安倍総理が台風15号の被害に遭った千葉県民まで見放して当たった『第4次安倍再改造内閣』が皇居での認証式を終えて、9月11日発足した。

相も変わらず自分の言いなりになる側近重用の『お友達内閣』に変わりはなく、全く新味に欠ける地味内閣になったが、内閣支持率に一喜一憂する安倍だけに本来は距離を置きたい小泉進次郎を目玉として起用するしかなかった。

しかし、そこまではご愛嬌としても良いが、この閣僚は新味に欠けるだけてなく過去に不祥事、問題があった究極の『玉ねぎ改造内閣』になってしまった。

第4次安倍再改造内閣

総理 安倍晋三(64) 無派閥

まず任命権者の安倍からして、疑惑まみれの『玉ねぎ男』 森友•加計問題で説明を尽くさず逃げ回って時間稼ぎに終始。更に、改竄•隠蔽まみれの省庁の不祥事に対して「責任は行政府の長である私にある」と、決まり文句を言うだけで責任を取らず長々と総理の座に居座った。

財務•金融 麻生太郎(78) 麻生派

何一つ実績を残さないばかりか、数々の失言を繰り返すお騒がせ男。前代未聞の財務省による決裁文書改竄事件にも、安倍同様に責任を取らずに居座った。

総務 高市早苗(58) 無派閥

まさかの二年前と同様の総務大臣としてカムバック。2016年2月「放送法の違反した場合、改善しない放送局に対して電波停止を命じる可能性がある」と発言して問題になった。更に、2013年には原子力発電所の再稼働に絡んで「福島原発事故で死者は出ていない」と講演して顰蹙をかった。

法務 河井克行(56) 無派閥

過去に政治資金収支報告書で、妻から受け取った事務所賃料負担等、計2062万円以上の記載漏れがあった。更に、運転中の秘書に暴行を働き全治14日の怪我を負わせて告発された過去も持つ。

外務 茂木敏充(63) 竹下派

文部科学 萩生田光一(56) 細田派

加計問題で「官邸は絶対やると言っている」「総理は平成30年4月開学とおしりを切っていた」等と発言したとされる文書が出ていながら、「働きかけをした事はない」と、しらを切り通した安倍の側近。

厚生労働 加藤勝信(63) 竹下派

この男が厚生労働大臣に返り咲くとは驚いた。安倍の開き直りの見本のような人事。昨年、働き方改革の国会審議でデータ捏造が発覚した上に、虚偽答弁を繰り返した。しかも、ご丁寧に働き方改革担当大臣も兼務させるとは、安倍は狂気の沙汰としか思えない。

農林水産 江藤拓(59) 無派閥

2014年、江藤が支部長を務める自民党支部が、カレンダー2万部を支援者に配った公職選挙法違反。更に、2016年にはTPP交渉中に『日本養鶏協会』から現金20万円を受け取っている。こんな人物が同協会を管轄する農林水産大臣になるのは、誰も納得しない。

経済産業 菅原一秀(57) 無派閥

2016年に銀座のクラブでアルバイトをしていた女性を愛人にし、「バカじゃないの」「親の教育が悪い」等のモラハラを繰り返したあげく、「子供を産んだらもう女じゃない」「女は25歳以下がいい。25歳以上は女じゃない」と、当時27歳だったこの愛人にセクハラ発言をして、告発されている。

国土交通 赤羽一嘉(61) 公明党

環境 小泉進次郎(38) 無派閥

防衛 河野太郎(56) 麻生派

官房•拉致被害 菅義偉(70) 無派閥

復興 田中和徳(70) 麻生派

国家公安 武田良太(51) 二階派

沖縄北方 衛藤晟一(71) 二階派

科学技術 竹本直一(78) 岸田派

経済再生 西村康稔(56) 細田派

昨年7月アメリカのカジノ業者からパーティー券を購入した『脱法献金』の疑いで騒がれた人物。更に、2012年出張先のベトナムで3人のホステスを部屋に入れて600ドル払って買春した疑惑の持ち主。

地方創世 北村誠吾(72) 岸田派

五輪•女性活躍 橋本聖子(54) 細田派

この人がこんなにハレンチとは思わなかったので、当時は驚いた。ソチオリンピックでフィギュアスケートの高橋大輔選手に抱きついて、キスする写真が週刊文春に報じられた。これは言い訳がきかない醜聞だろう。そういう人を五輪相にするなんて、安倍はやはり狂っている。

以上、疑惑とスキャンダルまみれの安倍改造内閣。週刊誌等によるとこの他にも危険な大臣がまだまだいるそうだ。こんなくそまみれの閣僚を選んだ安倍。韓国の『玉ねぎ男』は徹底的に叩くくせに、安倍の不都合な事は何一つ報道しないマスコミ。もう、こんな新聞やテレビはアテにしないで我々が直接『安倍玉ねぎ改造内閣』にNOと言おう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました